月別: 2017年8月

引っ越し準備はチェックリストを活用して

引っ越しをするとなると、まず思い浮かぶのは荷物の梱包ではないでしょうか?
しかし荷物の梱包は非常に時間がかかる作業ですし、引っ越しをするからといっても、なんでも引っ越しの荷物としてまとめてしまっていいわけではありません。
しかも引っ越し準備はそれだけではなく、引っ越し先の契約から現在住んでいる住宅の解約も行わなければいけませんし、住所変更などの手続きも必要になります。
何か一つでも忘れてしまうと、その後の新生活に悪影響を与えることもありますので、引っ越しをする場合は、何をしなければいけないのか、事前にまとめていく必要があるでしょう。
そう言ったときに便利なのが、引っ越しチェックリストの存在です。
引っ越しチェックリストは引っ越しに必要な準備を記載してあります。
引っ越しに関する情報を掲載しているサイトにもありますし、引っ越し業者のサイトにも用意されていて、簡単にダウンロードすることができます。
しかし、引っ越し準備のチェックリストは、自分で作成するのが一番です。
いくつかの引っ越し準備チェックリストを参考に、どのような順番で引越しを行うのか流れを掴んで、エクセルなどで作成してみましょう。
まず引っ越しで必要なのは新居の決定です。
賃貸であれば、まずは引っ越し先を決めなければいけませんね。
内見ときは、その後引っ越しをするときに、荷物の運搬に困らないようにしっかりと計測をしましょう。
引っ越し先が決まれば、次はどのように引っ越しをするのか検討します。
家族や親族、友人に手伝ってもらって自力で引っ越しをするのか、引っ越し業者に依頼をするのか。
人に頼む場合もそうですが、引っ越し業者に依頼するときは引っ越し日よりも早く依頼をすることで、引っ越し費用の割引サービスもありますから、早め早めの行動が大事です。
引っ越し比較は一括見積もりサービスがお得!【無料】がおすすめです。
引っ越しをする場合、忘れてはいけないのが、今住んでいる場所の解約手続きです。
新しく住む場所を決めたとき、どうしても新天地での生活を意識してしまい、現在の住居の解約を忘れてしまう人は結構多いのです。
賃貸物件の場合、次の部屋子を探さなくてはいけませんので、1か月前には解約の申し出が必要になります。
その後、転居による住所変更を行います。
住所変更といえば住民票の移動を意識するかもしれませんが、免許証や保険証、クレジットカードや銀行のキャッシュカードなども住所変更が必要になります。
また、郵便局に転居届を提出しておくことも忘れがちです。
簡単に紹介しただけでも、引っ越し準備にはやることがたくさんです。
だから、引っ越しをするとなったら、一度落ち着いて、引っ越し準備のためのチェックリストを作成しましょう。

Categories: その他