作者別: rankup

引っ越し準備はチェックリストを活用して

引っ越しをするとなると、まず思い浮かぶのは荷物の梱包ではないでしょうか?
しかし荷物の梱包は非常に時間がかかる作業ですし、引っ越しをするからといっても、なんでも引っ越しの荷物としてまとめてしまっていいわけではありません。
しかも引っ越し準備はそれだけではなく、引っ越し先の契約から現在住んでいる住宅の解約も行わなければいけませんし、住所変更などの手続きも必要になります。
何か一つでも忘れてしまうと、その後の新生活に悪影響を与えることもありますので、引っ越しをする場合は、何をしなければいけないのか、事前にまとめていく必要があるでしょう。
そう言ったときに便利なのが、引っ越しチェックリストの存在です。
引っ越しチェックリストは引っ越しに必要な準備を記載してあります。
引っ越しに関する情報を掲載しているサイトにもありますし、引っ越し業者のサイトにも用意されていて、簡単にダウンロードすることができます。
しかし、引っ越し準備のチェックリストは、自分で作成するのが一番です。
いくつかの引っ越し準備チェックリストを参考に、どのような順番で引越しを行うのか流れを掴んで、エクセルなどで作成してみましょう。
まず引っ越しで必要なのは新居の決定です。
賃貸であれば、まずは引っ越し先を決めなければいけませんね。
内見ときは、その後引っ越しをするときに、荷物の運搬に困らないようにしっかりと計測をしましょう。
引っ越し先が決まれば、次はどのように引っ越しをするのか検討します。
家族や親族、友人に手伝ってもらって自力で引っ越しをするのか、引っ越し業者に依頼をするのか。
人に頼む場合もそうですが、引っ越し業者に依頼するときは引っ越し日よりも早く依頼をすることで、引っ越し費用の割引サービスもありますから、早め早めの行動が大事です。
引っ越し比較は一括見積もりサービスがお得!【無料】がおすすめです。
引っ越しをする場合、忘れてはいけないのが、今住んでいる場所の解約手続きです。
新しく住む場所を決めたとき、どうしても新天地での生活を意識してしまい、現在の住居の解約を忘れてしまう人は結構多いのです。
賃貸物件の場合、次の部屋子を探さなくてはいけませんので、1か月前には解約の申し出が必要になります。
その後、転居による住所変更を行います。
住所変更といえば住民票の移動を意識するかもしれませんが、免許証や保険証、クレジットカードや銀行のキャッシュカードなども住所変更が必要になります。
また、郵便局に転居届を提出しておくことも忘れがちです。
簡単に紹介しただけでも、引っ越し準備にはやることがたくさんです。
だから、引っ越しをするとなったら、一度落ち着いて、引っ越し準備のためのチェックリストを作成しましょう。

Categories: その他

一緒に暮らそうって!

私が大学に通うために、上京してからはずっと母は一人暮らし。
母は私が幼いころに離婚を経験し、母1人子1人という状態でとにかく必死で私を育ててくれたんです。
そんな母の苦労のお陰で、私自身もそれなりに良い大学に通うことができたんですが…。
それなりに充実した生活を私自身、送ることができていたんですけどやっぱり、一人暮らしをしている母が気になって仕方がなかったんです。
もちろん母は、まだ50代なので高齢者の1人暮らしが心配…というような状況ではないんですけど…。
それでもやっぱり、子供としてはどうしても気になりますよね。
なので思い切って、母に私はこの前帰省した時に一緒に東京で暮らそうと提案してみたんです。
母はとても喜んでくれ、この母の姿を見ていると最初からこう言ってあげればよかったなと思い、思わず涙がこぼれてしまいました。
このことをきっかけに、私はバイトで母の引っ越し費用を貯めて、母を東京に呼び寄せましたよ!
引っ越し費用を貯めることは、結構大変だったんですけど、母のために頑張りました!
(東京からもかなり離れている地域だったため、引っ越し費用もそれなりにかかったんですよ…。)
お陰で、今では母と東京で充実した日々を過ごすことが出来ています。
本当に母が東京に引っ越してくれて、よかったですね。

Categories: その他

引っ越しは単身赴任の場合どうする

単身赴任ともなるとただでさえ仕事の場所が変わるので忙しい上に、引っ越し業者も自分で決めないといけないと大変です。

引っ越し費用が会社請求ではなくて自分で建て替えるのであれば、少しでも安い業者で引っ越しをしたいと思います。

仮に会社が引っ越しの費用を負担してくれても上限が決まっていたりするので、いずれにしても安い業者を探したいものです。

単身赴任の場合には会社が提携している業者があるのかを最初に確認する必要があります。

もし提携している業者があるのであれば、その中から選ぶ必要があるので会社に確認する必要がありますね。

提携している業者がない場合には自分で業者を探して契約する必要があります。

しかしその時にも完全に個人任せなのか、もしくは見積もりを取ったのちに会社が検討するのかとパターンが分かれますのでこれも要確認です。

費用の負担区分も会社によって、エアコンの取り付けのオプションに台数制限があったり、荷物の梱包やピアノ輸送などは含まれないなど縛りがある可能性もあります。

それでも基本的に単身赴任の場合には荷物がそれほどないと思うので、単身向けのプランがある業者を選ぶのが一番良いでしょう。

Categories: その他

カードローンの返済を1日遅れてしまった場合の対処法とは

こちらのようなカードローンで借入したお金は毎月の決められた期日までに返済を行いますが、返済期日を決めるにあたっては契約時に決める事が可能です。
返済するにあたって大きな負担にならないように返済金額や返済期日を決める理由として、返済が滞ってしまう状態を避けるためです。
そのため、一般的には遅延は起こる事がないのですが仮に返済期日を何らかの理由で1日遅れてしまう場合には、必ず事前の連絡が必要です。

まずは、カードローンの返済期日を1日過ぎるとどのような事が起こるのかを知っておきましょう。
基本的には返済期日が1日遅れる程度では問題はなく、直ぐに連絡をして遅れた理由を素直に話しましょう。
毎月の返済が遅れてしまう場合は、返済能力がないと判断されてしまいますが契約を急に解除される事は少ないです。

ただし、1日過ぎる程度だと考えていると他社の借入が難しくなるため注意が必要です。
また、1日過ぎる程度で済まなくなってくると、信用情報機関へ返済に関する情報の登録が行われます。
ここに返済の滞りに関する情報を登録されてしまうと、一気に信用が無くなり他社の審査に受かりにくく大きい金額の融資が受けずらくなります。
そうならない為にも、カードローンの返済が1日遅れになってしまった時には、時間を置かずに対処する事が重要です。

Categories: その他

家庭用脱毛器効果できめる

近頃の人は本当に効果がないところがあるように思います。
昔であれば家庭用脱毛器効果がそれほどないというのがわかっていてもとりあえず試しに買ってみようと言う人が多かったように思うのですが最近では確実な効果があると分かるものであれば手を出さないような気がします。そう考えると家庭用脱毛器効果がかなり上がってきていると言うことが言えると思います。そのような状況があるからこそ、実際に家庭用脱毛器を購入している人が増えてきていると言うことだと思いますからね。
我が家も女子率がすごく高いのでそろそろ家庭用脱毛器を購入しようかと言う話になっています。
子供たちもそれぞれにインターネットなどで家庭用脱毛器効果を調べているようでどの機種がいいかなんていうのも決めているようですからね。
みんなで使うと言うことなので経済的であるとも言えると思います。
全員が脱毛サロンに通うことを思えば、安い買い物ですからね。
家庭用脱毛器効果がこれから先もっと効果があるということになると、脱毛サロンに通う人が激減する可能性だってあることですよね。
個人的にはそうなることを願っているんですけどね。

Categories: その他

単身パックで大きめの荷物があっても運んでくれる

単身パックで引っこさなくてはならなくなった時に、単身パックで運びきれないような大きめな荷物を持っている方にとっては、それを運んでくれるかどうかで気になってしまうケースがあります。
運送会社にとっては運ぶことが出来ない荷物などありませんから、通常通りの予約方法で予約をして全く問題ありません。
この単身パックのサービスでは大きめの荷物を収納するための段ボールはもちろんのこと、トラックなども完備されているので、家財道具の中に大きめのタンスがあったり、大きめのテレビがあっても厳重な梱包をして単身パックで責任を持って転勤先や引っ越し先の場所に送ってくれます。
単身パックは手軽に出来て一人でも簡単に出来る引っ越しの新しい手段ですから、一人世帯での引っ越しを考えるときには、外せない引越しプランです。
全国各地への引っ越しに対応しているので、遠隔地に大きめの荷物を持っていくのにも単身パックは適しています。
単身パックを提供している業者は通常の運送会社はもちろんのこと、引っ越し専門業者などからもサービスの整った単身パックが用意されていますので、引っ越しが決まって手配するときには単身パックの中でも一番自分にピッタリな単身パックをチョイスしましょう。

Categories: その他

引っ越しをマンションにしました!

私は、先日引っ越しをしました!
今までは、木造の平屋の賃貸に住んでいたんですが、今回は引っ越しをマンションにしましたよ!
マンションは、設備も素晴らしく本当に快適です。
前の平屋に比べると、天と地ほどの差がありますね(笑)
しかし、今回のマンションへの引っ越しは、少し大変でした。
まずは、引っ越しの準備ですが、引っ越し業者がなかなか決まらず、期日ギリギリになってしまいましたよ。
私が悪いのですが、少しでも安く引っ越しをしたいと思い、なかなか引っ越し業者と契約をしなかったんです。
そのせいで、引っ越しもできずにいました。
そして、忘れていたのが引っ越しの挨拶です。
前の場所では、お世話になった人に、一言ずつお礼と粗品を渡しに行きました。
しかし、引っ越しをマンションにしてからは、引っ越しの荷解きが忙しく、引っ越しの挨拶を忘れていたんです。
1ヶ月以上経ってから、引っ越しの挨拶をしていないことに気づき、急いで挨拶をしに行きましたよ!
すると、ちょっと嫌みを言われることもありました。
でも、比較的良い人が多かったので、本当に安心しましたよ。
これからは、仲良くお付き合いをしていきたいと思っています。

Categories: その他

今では簡単にキャッシングカードを発行してもらえるようになった

消費者金融からキャッシングカードを発行してもらう場合には審査に通る必要があります。消費者金融からしたら返済する資力がない人にお金を貸すわけにはいかないのでそれは当然のことであると言えます。一昔前までは消費者金融からお金を借りる場合には直接その店舗に行って手続きをする必要がありましたし、手続きの完了等を知らせるために電話をする場合もありました。しかし今ではそういった電話なしで審査が通るように工夫しているところが沢山あります。最近ではインターネットから気軽に融資を申し込むことが出来るようになったこともあって、消費者金融を利用する人が増えています。
インターネットを利用して申し込むことができれば家族等にお金を借りていることが知られずにすみます。

また審査方法も簡素化されたために連絡を取り合う必要なくお金を借りることが出来るようになってきています。もし消費者金融が申し込みをした人の自宅に電話をした場合は家族が出てしまうこともあり、キャッシングカードの発行を申し込んだことが家族にバレてしまうこともあります。しかし電話なしでスピーディーにキャッシングカードを発行してもらうことができれば、今まで家族にバレてしまうことを恐れてお金を借りることを躊躇ってた人も気軽にそれを利用することができます。
ですから電話なしで消費者金融から融資を受けることになったことは、借りる方からしたらとても有難いことなのです。

参考:http://www.counselingforloss.com/

Categories: その他

引っ越しの単身パックがいいな

私のことをちゃんと考えてくれたらうれしいけど。
でも、本当に私のことを考えているなら別れを切り出すべきだと思う。
そう思って、私は引っ越しを決意したんだ。
やっぱり引っ越しってお金がかかるし、今の状況じゃ厳しい。
でも今、彼と離れないともう離れられない気がして。
別居している彼のところに居座ってもいいことがないなって。
なんだかそんな気がして、家を出ることにしたのはいいけど。
そんなにものがないからそこまでお金かからないかな。
そう思ったりもするんだよね。
私自身、引っ越しの単身パックをまだ利用したことがないから。
利用してみたら、きっと、ああこれでよかったって思える気がする。
友達もそれで安く済ませたみたいだし。
こんな風になるなんて思いもしなかったことだけど。
今は自分のことをしっかりと受け止めています。
そうじゃないと、自分で色々と考えるときりがないことだから。
だから、今はちゃんと受け止めている自分がいるから。
そこはしっかりとしないといけないなって思っています。
もうそういう風に思ったら、私はこれからちゃんと安く済ませることを全部考えて生活していかないといけないなって。

Categories: その他

引っ越しの料金

引っ越しの料金っていうのは、時期によっても違うし、移動距離によっても違う。
引っ越しの相場はこんな感じですよーっていうサイトも珍しくないけど、そもそも相場ってよく分からない。
だって、上手に値切ればめちゃくちゃ安くなるらしいこともサイトには書いてあるし。
これが相場なら自分はどんだけいい買い物をしたんだ!と前向きに見るか、いいカモになってしまった…と悲観的に見るかの基準にしかならないような。

引っ越し料金を安くするには、何社か見積もりを取ることが絶対に必要っていうのはどこにでも書いてある。
一括で見積もりが取れるサイトもあるので、そこまで手間がないといえばそうかも。
でも、見積もりを一括で頼んで、業者から連絡が来るのを待って、金額を提示してもらって。
一番安いところで決めるってすごく理にかなってるし理解できるんだけど。

一括で見積もりをお願いできたとしても、この時点で2社以上を相手にやりとりをしないといけないことになる。
忙しい人はそれが面倒だから最初の1社で決めてしまうわけでしょ?
それに、「うちで即決してくれたらもう少し安くします」というやり方も、業者の手法。
その「もう少し」を蹴ってまで他社の返事を待つのは、リスクも伴うし私はやりたくないと思ってしまう。

一括で「引っ越ししたい人ココにいます」ということを業者に伝えるだけのことで、これは一括見積もりとは言わないんじゃ?
結局は直で電話でのやりとりから始まるわけでしょ。
そしてその段階からもう、いいカモになるかならないかが決まってくるわけでしょ。
だから最初の会社で決めてしまう人が多いのも、全然頷けるんだよな。

Categories: その他